―Junk of Kenya―

ケニアのジャンク

なんて言ったらそれはそれは沢山挙げられそうですが

今回はフード編。

右の写真は昨日チョコが食べたい!

と思って買ったもの。

 

これ、チョコでしょ

 

いいえ、違うんです。

 

一つ口へ放り込んでひと噛みすると

なんともジューシーな香りがお口いっぱい広がります。

・・・・・・?

 

正体はソフトキャンディー。

良く見ると真ん中の文字がいつもの「m」じゃない。・・・それは「s」。

  ●一袋・・・50Ksh

--------------------------------------------------------------------------------

そしてこちらは私には懐かしい

「わたパチ」のアメ版。あめパチ?って言うんだっけ?

 

へ~、こんなのあるんだー、面白いから買って帰ろう。

 

ってことで買って帰って早速息子の口へ投入。

反応は、"楽しい、ビックリ!"と言うよりは、

「アイテテテ!何じゃこりゃ!!?」

と言った感じ。

 

「ママ、僕になに食べさせたの?!」

と疑念のまなざしを受けた母なのでした。

 

いたずらっ子でどうもすみません。

  ●一袋・・・30Ksh

---------------------------------------------------------------------------------------

そしてこちらは昨日の買い物より。

一見変哲のないトマトケチャップとお菓子ですけど

 

このお菓子、良くみて見ると、何ともなじみのある名前。。

・・・そらたったの5シリングですけど!!

ビンボでも買えるけれども・・・!!!!

これから買うのやめようかな。と思った瞬間でした。

 

そして右のケチャップはケニアの「庶民派ケチャップ」

ゲットーなどでチップス(フライドポテト)を買うとオバちゃんが上から

ビューっとこの手のケチャップをかけてくれます。

それを手で食べていると、

いつの間にか指が真っ赤っか。

こないだまで使っていたケチャップはなんと

「100%natural」なんて書いてあるからこらビックリ。

もちろんそちらも素手で食べたら真っ赤っか。

きっと、100%ナチュラルな着色料を使っていると、信じているのでしょう。きっと。

そんなこんななとても楽しいケニアです。

お金をかければいいケチャップも売ってますが、それを横目にいつもの

ジャンクケチャップをついつい買ってしまうケニアでも庶民派の私でした。

  ●トマトソース500g・・・55Ksh

  ●Bimbo・・・・・・・・・・・・5Ksh

 

★只今ケニアのEscape Safariのブログを担当しています。

こちらでもケニアの暮らし、レジャースポットなどを紹介していま~す!

---------------------------------------------------------------------------------------------